『地獄少女』 #24

今回は・・・
あい、大暴走(笑)!



柴田親子が向かった温泉旅館で、つぐみの背後に現れたのは・・・
なんと、地獄少女・閻魔あい本人!
温泉に入る時も、あいって長襦袢は脱がないんですね~ (=´ω`);
チト期待しちゃった人も、少なくないハズ! ハズっ!! ハズ~ッ!!!

そして翌日、近くの寺を訪れた柴田親子が知ったのは・・・
この地では昔、
五穀豊穣の為に少女を生贄に捧げる風習・“七つ送り”があったというコト。
柴田屋の初代主人の名前こそが、仙太郎だったというコト。
生贄にされたその少女こそが、あいだったというコト。
あいと仙太郎は、良い幼馴染だったというコト。

それにしても・・・
あいの巫女装束姿、グッジョブ!! (*゚∀゚)=b
(↑結局ソレか(笑))

あいは、生贄として埋められた恨みから“地獄少女”になったんでしょうね。
まさか、あいにそんな悲惨な過去があったとは・・・ ・゚・(ノД`)・゚・

でもって、柴田親子が仙太郎の子孫だと知ったあいは・・・
「また自分を殺しにきた」と勘違い(思い込み?)をして、
怒り任せに柴田親子への猛攻撃を開始!
藁人形'sの「お嬢が地獄に流される」との忠告にも、
全く耳を貸さない完全暴走状態です!
「この恨み・・・地獄へ流すがいい!」
・・・って、あいが自分自身を地獄送りに!?
なんか・・・
予想もしなかった展開になっちゃいましたヨ!!? ∑(゚Д゚;三;゚Д゚)



次回は、あいと柴田親子との因縁が更に明らかに
なんか・・・土の中から手が出て来てましたし(苦笑)。
一体、どないなるんや~!? ∑(゚Д゚;三;゚Д゚)

それにしても、ホントにスゴい結末になりそうですね~ (=´ω`);
某雑誌の情報によると、最終回は・・・
依頼者 : 柴田 つぐみ / ターゲット : 柴田 一
・・・ってコトになるらしいDEATHよ!?
ホンマ、どないなるんや~!!? ∑(゚Д゚;三;゚Д゚)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 水曜日のアニメについて、簡単に(笑)。 No.25

    Excerpt: ※本日放送分で、個別に記事を書いている分には、リンクを張ってます。 Weblog: 【T】 Tsukasa♪'s Blog! racked: 2006-03-22 19:34
  • 地獄少女 ♯24 「夕暮れの里」

    Excerpt: あまりに面白くなり過ぎたのでこれは記事にするしかないなと。 Aパートの作画は比較的良好だったのですが、Bパートでガクッと落ちたような(゚Д゚;) 従来のストーリー進行ではな� Weblog: The starting world racked: 2006-03-23 01:36
  • 地獄少女 第24話「夕暮れの里」

    Excerpt:                 今回はとうとう”あい”が過去の記憶を取り戻す。一体彼女の身に何が起き.. Weblog: 神速の錬金術師の更なる練成~三位合体~ racked: 2006-03-23 10:03
  • 地獄少女 第24話『夕暮れの里』感想

    Excerpt: 今族はとうとう地獄少女とつぐみというか仙太郎とつぐみの関係がわかります。 というかあいが怖かった。 Weblog: やる気無しブログ racked: 2006-03-23 22:58
  • 地獄少女 第24話

    Excerpt: サブタイトル「夕暮れの里」   ハジメたちがアイの故郷を訪ねた時、ついにアイはすべてを思い出す!   以下詳細  *********** Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ racked: 2006-03-24 06:19
  • 地獄少女 第24話

    Excerpt: すべての始まりが、いよいよ、ようやく明らかに。 今回のあいちゃん、この作品始まって以来の激しさでした。 かなり衝撃的。。 Weblog: LUNE BLOG racked: 2006-03-25 13:51
  • 地獄少女 閻魔あいと柴田親子の因縁(・・?

    Excerpt: 前回のラストで つぐみちゃんの前に現れた閻魔あい… 「仙太郎を知ってるの?」 接触した2人はどうなってしまうんでしょう(゚Д゚≡゚Д゚)? 夕暮れ時の例の場所で 石を積み上げなが.. Weblog: zenの日記 racked: 2006-03-26 05:57
  • 地獄少女 第24話

    Excerpt: 副題「夕暮れの里」  深い怨み、憎しみは、一時忘れることはできても、  完全に消し去るのは難しい。  憎しみの対象から遠ざかることで忘れても、  ふと出会ったとき、思い出さずに.. Weblog: 月の静寂、星の歌 racked: 2006-03-27 01:55